home page

sitemap

*

office

gallery

profile

article

fee

music room

fellow

favorite

*

*

link

blog

E-mail

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

設計編

間取り可変の家(スケルトン・インフィル)

 

一戸建て住宅というものは、一旦建ててしまうと間取りの変更は容易にできないと思っている人が多いようです。

たしかに一戸建て住宅は、木造にしても鉄筋コンクリート造にしても、間仕切り壁が構造体を兼ねていることが多く、それを取り去ったり位置を変えたりすることには大きな制約があり、工事的に大掛かりな作業になって、コストもかかってしまいます。

 

それに比べると、マンションなどは内部の間仕切りの変更が、比較的容易です。

その理由は、鉄筋コンクリートの集合住宅では、外壁と戸境壁(隣戸との間の壁)が構造体として建物全体にかかる力を保持しており、各住戸内の部屋の仕切り壁は、構造的な耐力を負担しない非構造壁として造られているため、取り去ったり位置を変えたりすることができるからです。

 

ということは、一戸建て住宅でも鉄筋のマンションと同じように、外壁のみを構造体として、内部の間仕切り壁は非構造体とすれば、自由に間取りを変更することができるのではないかと皆さんは考えられると思います。

 

理屈としては、その通りでして、このような手法を「スケルトン・インフィル」と言います。

スケルトンとは柱・梁などの骨組みのことで、インフィルとは間仕切り壁・仕上げ材・様々な設備の総称です。

このスケルトンとインフィルを分離して考えることにより、耐震性・耐久性のある構造体を保持しつつ、内部を作り変えることが可能になるように作られた建物を「スケルトン・インフィルの建築」と呼んでいます。

 

この手法を用いれば、内部の間仕切りを、かなり自由に改変する事のできる住宅を作ることができます。

特に、スケルトン部を鉄筋コンクリート柱梁構造(ラーメン構造)、または重量鉄骨造で作った場合は、かなり自由な間取り改変が可能となります。

(鉄筋コンクリート壁式構造、軽量鉄骨構造、ツーバイフォー工法は、スケルトン・インフィルには向いていません。)

 

木造住宅(軸組工法のもの)においては、外壁部分だけでは家全体の構造を支えるには不十分な場合が多いので、内部の間仕切りも、ある程度は構造体として作る必要があります。

したがって完全なスケルトン・インフィル手法は難しい面もあるのですが、それでも設計段階で、よく検討して設計を行えば、実際上は十分な間取り変更が可能な家を作ることができます。

 

その一例をお目にかけましょう。

 

 

上の図は、私が神戸市内で設計したある住宅の2階平面図です。

リビング・ダイニング・キッチンや洗面・浴室などのパブリックなスペースは1階にありますので、2階には、主寝室・書斎・子供室といったプライベートな部屋が配置されています。

また1階のリビングとつながる吹抜があり、2階ではその周りが家族みんなで多目的に使えるフリースペースになっています。

この図で、グレー色に塗った壁と、オレンジ色に塗った壁がありますが、グレーの部分は外壁および構造壁として、原則的に改変は行わないという前提で設計してあります。

それに対してオレンジの部分は非構造壁として造られており、将来この部分をすべて取り去ったとしても、家全体の構造耐力には全く影響を及ぼさない設計になっています。

 

この非構造壁をすべて取り去った状態が、下の図です。

トイレと洗面スペースは、給排水配管が必要ですので、これは一応そのまま使用することを前提にしていますが、その他の部分は、構造上必要な3本ほどの独立柱を除いて、完全な一体空間にすることができます。

したがって、ここに全く新しい間取りで部屋を配置することが可能です。

そして、その場合、1階には全く影響を及ぼしませんから、工事中も1階の諸室は、キッチンや浴室も含めて、通常通り使用することができます。

 

 

 

このように間取り変更が可能な設計にしておけば、将来の家族構成の変化に対して(特に子供さんは、あっという間に大きくなって、巣立っていくものです)、柔軟に、しかも工事的にも簡易で、低コストで対応することができます。

 

ところが世間で一般に建てられている住宅には、このような配慮がなされている住まいが、たいへん少ないのです。

それは設計段階において一旦間取りが決まったら、それを固定的に考えてしまって、将来の改変の可能性を全く念頭に置かないまま、柱・梁・筋交いや耐力壁の設計をしてしまうからです。

 

そのような、先を見る目を欠いた安易な設計によるのではなく、スケルトン・インフィルの考え方によって、将来の変化に柔軟に対応して、永く住み続けられる家を作ることが大切だと考えています。