home page

sitemap

*

office

gallery

profile

article

fee

writing

essay

*

fellow

favorite

link

blog

E-mail

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2つの防音サービスの開始

 

当設計室では、このたび2つの防音サービスの業務を開始しましたので、お知らせいたします。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ベーシック防音室」の設計と施工

これまで当設計室では遮音性能50デシベル(防音壁体と建物外壁の合計)というハイレベルの防音室の設計と施工を行ってきました。これは夜間にグランドピアノを弾いても隣家にお住まいの方の睡眠を妨げない遮音力を目指したものです。しかしピアノ教室の先生方やアマチュア音楽愛好家の方々におかれましては、それほどまでの遮音性能は必要としないという方も少なくないと思います。たとえば、近隣住居と一定の距離がある、それほど大きな音の出る楽器は弾かない、夜遅くまでは演奏しない、などの場合です。

そのような皆様のニーズにお応えするため、「ベーシック防音」(遮音性能30デシベル)の防音室の設計と施工を開始いたします。(以降は、これまでの50デシベルのものを「ハイレベル防音」と称します。)

「ベーシック防音室」の仕様についのご説明

防音室づくりにおける遮音の原則は、@重くする、A複層にする、B音響的に絶縁する、C隙間を無くす、D振動を抑える、の5つです。「ハイレベル防音」ではこれらの5項目をすべて行うことにより、きわめて高度な遮音性能を実現してきましたが、「ベーシック防音」においては、ACDの項目に絞って施工することにより、実用的な遮音性能をもつ防音室を、安価にご提供することをめざします。また室内音響や内装につきましては、「ハイレベル防音」に準じた良好で美しいものといたします。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既存の防音室の改善

これまで当設計室では主に新規の防音室づくりを手がけてきましたが、最近は既存の防音室の音響改善のご相談も増えてまいりました。それにお応えするため、上記の「ベーシック防音」のノウハウを生かして、既存の防音室の室内音響や遮音性能の改善にも積極的に取り組んでまいります。現在お使いの防音室にご不満をお持ちで、より良い楽音の響きや、高い遮音性、また美しい内装デザインなどへの改善をご希望のかたは、ぜひご相談ください。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、新たなサービスのお知らせまで。どうぞよろしくお願いいたします。

遠藤 真・安田倫子 設計室

home page

 

兵庫県神戸市東灘区(相談室)・長田区(設計室)  ・ TEL/FAX 078−611−0469 ・ 携帯 090−3946−5450

E-mail