home page

sitemap

*

office

gallery

profile

article

fee

writing

music room

*

fellow

favorite

link

blog

E-mail

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第1章 防音室づくりの姿勢

 

私と音楽、そして音

 

前書きにも書きましたように、私は建築設計士(一級建築士)です。設計の仕事を始めてから、もう30年以上になり、当初は主に一般的な一戸建て住宅の設計を手がけてきたのですが、2010年頃から、音楽のための防音室の設計と工事も手がけるようになりました。 ですから、仕事としては先に住宅の設計があって、途中から防音室も業務の範囲に入れたということになります。

でも、私の興味というのは、実は音楽の方が先で、建築の方が後でした。ですので、まず私と音楽(および音)との出会いから書いて行きたいと思います。

 

私が音楽と出会ったきっかけは、私が中学3年生だったとき、我が家で小さなステレオ(まあ今で言うミニコンポか)で、スピーカーは16cm左右各1本のみ。当時はCDなど、まだありませんでしたから、聞けるのはレコードだけです。ターンテーブルは17センチで、カートリッジの針圧(レコード針がレコード盤に接するときの重量)は9グラムという重さ。(高級なレコードプレヤーは1から2グラム)という、かなり安物の装置でした。

そして、初めて買ったレコードは、忘れもしません、ブルーコメッツの「マリアの泉」。当時人気のあったグループサウンズのヒット曲です。(これで年がわかる。)そして、妹はザ・タイガースのファンでしたし、母は布施明が好きでしたので、しばらくは、そのような流行歌のドーナツ盤(45回転の17センチ盤)を聴いていました。

そのうちに、母が何を思ったのか、せっかくステレオを買ったのだからクラシックでも聴いてみようかと言い出して、神戸元町のレコード屋へ行きました。そして何も知らずに、だだその場で、有名そうな曲で名前だけは知っていた「運命」という曲と「未完成」という曲が裏表になったLP(33回転の30センチ盤)を買いました。演奏しているのは、これも何となく名前だけは聞いたことがある、カラヤンという人が指揮している、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でした。

それを買って帰って、早速聴いてみたわけですが、我が家のステレオはターンテーブルの直径が17センチしかないので、30センチLPは大きくはみ出して、しかも針圧9グラムなので、何となくしなってしまう感じだったのですが、一応聴くことができました。

 

それを聴いて、私は打ちのめされてしまいました。こんなに力強くて堂々としていてしかも美しい音楽があったのか。学校から帰ってくると毎日聴きました。それからクラシック音楽に夢中になりました。

「運命」というのはベートーヴェンの作曲で、「未完成」というのはシューベルトの作曲ということも知って、他のいろいろな曲も聴いてみたくなり、おこずかいを工面して、時には親にねだって、クラシックのLPを1枚1枚買っていくようになりました。

ベートヴェンの「田園」や「皇帝」、ドヴォルザークの「新世界」、チャイコフスキーの「悲愴」、モーツアルトの交響曲40番、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、・・・。

 

 そして高校に入ると、合唱部に入りました。(本当は、器楽をやりたかったのですが、そのようなクラブがなかった)。バリトンのパートの一員でしたが、音楽好きというだけで声は全然良くなかったと思います。しかし、2年生になると指揮者にしてもらいました。これは、多分、歌は下手だけど、音楽が好きなようなので、まあ指揮者にでもしておくのが一番いいかなという先輩及び同輩の考えによってだと思います。

また、高校の文化祭には、各組別の合唱コンクールというのがあるのですが、そこでも指揮者をさせてもらって、12組み中の一位になり、校長先生から表彰状を手渡してもらいました。嬉しかったですが、音楽のことで表彰されたのは後にも先にもこの時だけです。

 

さて高校時代はそのように勉強よりも音楽活動に熱を入れていて、学業の方はぱっとしませんでしたら、大学を目指してどのような分野に進むかを決めなくてはならなくなり、私の父が神戸で建築設計の仕事をしていましたので、その仕事にも魅力をかんじていたこともあって、建築学科を志望し、一浪はしましたが、なんとか大学に入ることができました。そしてその大学には学生オーケストラのクラブがあったので、念願のオーケストラ部員となることができました。といっても、私は楽器を全くしたことがなかったのですが、一応チェロ担当ということで、練習を始めることになりました。

最初の半年は、もっぱら個人練習で、オーケストラの中で弾かせてもらうことなど全くありませんでしたが、そのうち、入れてもらって、チェロパートの一番後ろで、見よう見まねで弾くようになりました。そしてその年の12月の演奏会に出してもらって、一番後ろで弾いたのが、なんとベートヴェンの第9交響曲という大作でした。もちろんちゃんと弾けるわけもなく、弾けるところだけ弾いて、弾けないところは弾いている振りだけしていましたけど。

その後、ベートーヴェンの「運命」、ドヴォルザークの交響曲第8番、ブラームズの交響曲第1番、ベルルオーズの幻想交響曲など、クラシックの定番ともいえる名曲を、まがりなりにも参加させていただき、そして生の楽器の音、そして音楽ホールの音を実地体験できたことは、私にとってたいへん収穫になりました。

ただ、私にとって、その頃本当に好きな音楽は、実は上記のようなフルオーケストラによる交響的音楽から、バロック音楽に移りつつあったのです。それからのことは、第6章でまた述べていきたいと思います。

 

その頃住んでいた家

 

そのようにして、建築学を学びながら、音楽活動にも勤しんでいたのですが、その頃、私が住んでいた家について、少し書いておきたいと思います。なぜなら、その家の「音」というのが、私の建築音響の原点になっているからです。

前述しましたように、私の父は建築設計士だったのですが、西宮市の山手(というと聞こえがいいのですが、当時はかなりの山奥)に、自ら設計した2階建ての一戸建て住宅を建てて、家族4人で住んでいました。延面積30坪に満たないほどの、小さな住宅だったのですが、家の中央に2階分吹抜けのある天井の高いリビングルームがありました。そしてその内装は、壁が漆喰塗り、床はヒノキのフローリングでした。

(添付の図をご参照ください)

この部屋の音が、たいへん良かったのです。私が最初にレコードを聞いた安物の小型ステレオでも、ベルリン・フィルの音が結構良い音で聴けたのだと思いますし、学生オケでチェロを練習するようになって、初めて自宅へ持ち帰って弾いた時も、朗々と鳴るのに驚きました。いつも練習している大学の個人練習室は、狭く天井も低い上に部屋全体が穴明き吸音ボードで囲まれていて、貧弱な音しかしなかったのです。

それに比べると、我が家のリビングはたいへん良い音に感じられて、そこで弾いていると、自分が上手になったように感じられました。つまり弾いていて楽しくて気分も昂まるように感じたのです。

これはチェロだけでなく、リコーダーなどの管楽器でも、同じように感じられました。これが私の室内音響原体験といってもいいかと思います。

ただし、ここで言っておかなければならないのは、その部屋で弾いたのは、初心者の一本のチェロであり、一本のリコーダーであり、小型のステレオの低音量での音であったということです。もしここで、プロ級の腕前の人がグランドピアノを弾いたり、弦楽四重奏を奏でたりしたら、それは聴くに耐えないものになり、弾いている人にとっても、不満の大きいものになったに違いありません。

 つまり、室内音響というものを考えるにおいては、そこでどのような音楽を、どのような楽器で、どのような編成で奏でたいのかということが重要なポイントで、そのことが、部屋の広さや天井の高さ、そして壁や天井や床の材質の選定をするにおいての重要な要素になってくるのだということです。

 したがって、防音室を作るにあたっては、それを設計するもの、施工するものが、音楽のことや楽器のことについて、知識を持っていなければならないということ、そしてクライアントである音楽家の方や音楽愛好家の方々のご要望を的確に理解できる音楽的知識を持っていることが大切であるということにつながってくるのです。

 

防音室工事に携わる

 

さて、大学を卒業して、十年ほど、工務店や設計事務所で勤務した後に、独立して設計事務所を営むようになりました。まあ、独立したと言っても当初はクライアント(建て主)からの仕事はあまりなく、他の工務店や設計事務所の下請けとして図面作成等の業務をしていましたが、そのうち段々と、クライアントから直接に、住宅を中心とした建物の設計依頼をいただけるようになりました。

 しかし、その頃は、私自身が防音工事についての知識が少なく、また音楽は単なる趣味と考えていて、仕事と音楽を結びつけることには殆ど関心がありませんでした。また、そのような発想もなかったのですが、「まえがき」に書きましたように、ある音楽愛好家の方から、防音室付きの住宅の設計依頼を受けたことが、防音室設計に携わるきっかけになり、その後、防音室付きの新築住宅や、既存住宅においてその一室を防音室に改造することなど、いろいろな防音室の設計と工事を手がけることになりました。

そうして、それに伴って防音室についてのいろいろなご相談なども受けるようになると、その問題点や、クライアントが不満に思われていることが、いろいろとわかるようになってきました。

そのような不満点には、どのようなことがあるのか。それを次に書いてみたいと思います。

 

防音室についての不満

 

不満というのは、目的あるいは期待することがあって、それが満たされていない場合に起こるものだと思います。それでは、防音室を作る目的はどのようなことにあり、クライアントはどのようなことを期待しているのでしょうか。

それは、まず近隣に気兼ねなく音楽の練習ができることが、どなたも思いつく第一の目的であり期待だと思います。つまり近隣住居に対する遮音性です。

私も自分で楽器を弾くのでわかるのですが、音楽を演奏したり練習したりすることにおいて一番いけないことは、自分の出す音が近隣の人に対して迷惑になっているのではないかと、周りを気にして思う存分音を出すことを躊躇したり萎縮したりしてしまうことです。それでは決して上達しないと思いますし、そもそも楽しくありません。ですから、いつでも思う存分音が出せるということは、防音室というものが当然持っているべき、基本的な存在価値であると思うのですが、それが十分に満たされていないものがあるのです。

 

それでは、近隣に対する遮音性能が十分であれば、それで防音室は合格であり、不満が生じることはないかというと、そうではありません。実際に、他の業者によって防音室を作られた方で、それに不満を感じ、私どもの設計室に相談に来られる方の多くの方が改善を望んでおられることは、音の美しさです。

せっかく防音室を作って思う存分楽器を弾いたり歌を歌ったり、あるいはオーディオを鳴らすことができる環境を作ったのに、そこで演奏する音が良くない。潤いのないスカスカの音だったり、耳障りなキンキンした音だったりする。そのため音楽をしていても全然楽しくない。そういった不満を持っておられる方が本当に多いのです。

 

もちろん、そうでない防音室もあります。しっかりした遮音性能があり、美しい室内音響を持つ部屋。そのような、「良い防音室」がある一方で、遮音性能が劣り、部屋の響きも悪い「ダメな防音室」も存在するのは、どうしてなのでしょうか。そして、どうして「ダメな防音室」ができてしまうのでしょうか。

 

なぜ「ダメな防音室」ができてしまうのか

 

まず近隣に対する遮音性が不足する件。それはもう全くその防音室の設計または工事を行った者が、防音についての基本的知識を持っていないことによります。

多くの方は、建築の設計士や、工務店やハウスメーカーの工事担当者ならば、当然のこととして防音についての基礎知識は持っているはずだと思われている方が多いのではないかと思いますが、実際は、大学の建築学科を卒業して、建築士の資格を持っているものでも、音についての知識は殆ど持っていないことが多いのです。ましてや工事に携わる一般的な職人などは、その知識は全く無いといってよいと思います。

まあ、大学においても専門学校においても、音響学は必修科目ではありませんし、それを知らないことは、いたしかたないことでもあるのですが、問題は、それらの建築士や施工者が、建築において音をコントロールすることの難しさを知らず、自分でもできるだろうと安易に防音工事を受注し、生半可な知識で設計や施工をしてしまうことにあります。そうすることによって、不十分は遮音性能の防音室をつくってしまうのです。

このことを、設計士も施工者も自覚する必要がありますが、一方クライアントの方も、そのような無知な設計士や施工者を見抜いて、そのような者に防音工事を依頼してしまわないようにすることが大事です。そのためには、本書の第2章をお読みいただき、遮音ということについての基礎知識を知っておいていただくことが役に立つと思います。

 

一方、音の美しさ、すなわち良い室内音響については、技術的な防音の知識だけでは、これを達成することはできません。そこには、音楽についての知識と、楽器についての知識が、不可欠となってきます。 (9/2)

良い室内音響の防音室を作るポイントは、第3章で詳しく述べたいと思いますが、その前提として防音室の設計者や施工者が、良い音とはどのような音なのか、音楽的な音とはどんな音のことなのかということがわかっていることが必須です。それが分かっていなくては、良い音の防音室など作れるはずがありません。

これは考えたら当たり前のことなのですが、現実はどうかというと、グランドピアノの音を生で聞いたこともなく、クラシック音楽のコンサートに行ったこともない、というような者が、防音室の設計や工事を行っているということが殆どなのです。また、そこで主に演奏される楽器の種類、すなわちそれがピアノなのかエレクトーンなのか、弦楽器なのか管楽器なのか、あるいは打楽器か、それとも主としてオーディオを聴くのか、それによっても求められる響きは全く違ってきますし、そこに部屋の大きさや形状という要素も入ってきます。

更に同じピアノでも、メーカーや機種によって、音作りに違いがありますし、そういっことまでは考えも及ばないという設計者や施工者が殆どなのです。そういう者では当然のことながら、クライアントの音楽的な要望には全く応えることができません。

 

涙を流したお客さん

 

以前に、私の設計室に女性ピアニストの方から、ご自宅の練習室兼レッスン室の改善の相談をいただいたことがあります。木造住宅の中にある、8畳くらいの広さの防音室なのですが、そこで弾くピアノの音にどうしても違和感があって、なんとかしたいというご相談でした。私とM氏でお伺いしていろいろ話をさせていただいていたとき、急にそのピアニストさんが、涙を流してなきだされたのです。私とM氏は何事起こったのか、なにかいけないことでも言ったのかとびっくりしたのですが、その方のおっしゃるには、いままで何件もの防音工事屋さんに相談してけど、今回初めて音楽的な話ができた、それが嬉しくて思わず涙が出てしまいました、とおっしゃいました。

もちろんその改善工事は、ご満足いただける結果になりましたが、実際このかたのように、ご自分の音楽的な希望を理解してももらえず、不本意な状況におられるかたは多いと思います。ですので、良好な室内音響の防音室を手に入れたいと思うのでしたら、やはり音楽的な話が通じる設計者や施工者を見つけることが、とても大事なことだと思います。

そして、防音室づくりで扱うのは「音」ではなく「音楽」なのだということを、クライアントも工事関係者もしっかりと認識していることが、よい防音室づくりの秘訣だと思います。 (9/3)

 

その他の要素 デザインと環境

 

すでに書きましたように、私は中学生の時に音楽に目覚め、高校生の時は合唱部に入り、大学生の頃からは自ら楽器(チェロ)を手にして学生オーケストラで演奏するくらい熱を入れていました。

その後は、まあいくら音楽が好きといっても、音楽家として食べていけるとは思いませんでしたので、仕事としては建築の設計を選びました。そして、特に住宅の設計の仕事をメインとして行ってきたのですが、その後、防音室の設計と施工もてがけるようになりました。そして、他の人が手がけた防音室も、いろいろと見るようになったのですが、一つ不思議に感じることがありました。それは、どの防音室も、室内が実に殺風景だったということです。

音楽をする部屋なのですから、それがクラシックであれ、ジャズであれ、ロックであれ、それなりに雰囲気のある空間をイメージしていたのです。しかし私が目にする防音室は、版で押したように、壁も天井も吸音ボードや安手の合板ボードそのまま、照明は部屋の中央に天井灯が一つだけという、ありきたりで無味乾燥なものばかりで、音楽という芸術を奏でる空間とは、とても言えないようなものばかりでした。

元々、住宅設計から入って、部屋というものの内装デザインを美しく仕上げることが、建築設計家として当然のことと思っていた私は、防音室の無味乾燥さが、ほんとうに不思議でした。なぜそうなるのかというと、防音工事屋さんは、防音性能を満たせば、それで事足れり、自分の役目は済んだ、という意識があるのではないかと思っています。つまり、室内のデザインや雰囲気を良いものにしようという意識もセンスも、持っていないのではないかという気がしています。

でも私は、防音室づくりというものは、単なる「音」を扱うものではなく。「音楽」をする空間を創ることだと考えていますから、やはりデザイン的なことも大切にしたいと思うのです。そして実際、部屋のデザインによって、音楽の感じ方が変わると思います。

たとえば皆さんは、料理を食べる時に、同じ料理でも美しい食器で食べると美味しいと感じられませんか。あるいは、紅茶などを飲む時でも、紙コップで飲むよりも美しいティーカップで飲んだ時の方が、味わい深いと思いませんか。私は音楽と、それが奏でられる部屋の関係も、料理と食器の関係に似ていると思います。同じ音楽でも、よいデザインの部屋で聴けば、より美しく感じます。決して豪華なデザインをするということではありませんが、その部屋に入っただけで、なにか浮き浮きするようなセンスの良いデザインは、音楽を引き立てます。

また、環境というのは、建築でいうと、照明や空調や換気のことです。防音室は、その目的上、どうしても窓などの少ない閉ざされた空間になりがちですので、心地よい明るさ、すがすがしい空気感というものは、音楽をストレスなく楽しむためには大切な要素になります。デザインのことと同様、良好な環境で奏でたり聴いたりする音楽は、やはり美しく伸びやかなものになると思います。

このように、防音室というものは、そこで奏でられる音楽を引き立てるものにならなければなりません。ところが引き立てるどころか、わざわざ音楽的感興をそぐようなデザインや環境の部屋が多いのは、どうしたことでしょう。デザインと環境に留意した部屋づくりをすることは、一般の住まいのリビングルームや寝室の場合以上に、防音室において重要視されるべきことなのではないでしょうか。

これらのことについては、第4章であらためて述べたいと思います。

 

建物本体との関係

 

さてここまで、防音室を作る上において、いろいろと留意すべき点をいてきましたが、防音室作りにおいては、もう一つ重要な要素があります。それは建物本体の設計です。防音室は、実験室のようなそれ単体の用途のために独立して設置するときを別として、大抵の場合、建物の一部として設けられます。住宅内に設ける防音室の場合は、新築住宅の場合は建物本体と防音室が同時に設計され施工されることがありますが、既存住宅の一室を防音室にする場合は、建物本体が先にあって、あとからそれに合わせて防音室を設計し施工することになります。いずれの場合も、建物本体がどのような構造で、どのような形状をしているかということが、そこにつくられる防音室を規定します。また逆に、そこに防音室を作ることによって、建物本体にも影響を及ぼします。ですから、建物本体のことを無視して防音室の設計を行うことはできません。良い防音室を作るためには、建物本体のことも同時に考えに入れながら設計と施工をしていく必要があります。したがって防音室を設計したり施工したりするものは、建築物本体についての知識も十分に持っていることが求められるのです。

 

コストについて

 

さて最後にもうひとつ大切なことを述べておきましょう。それは防音室のコストです。まず、きちんとした遮音性能と室内音響を持つ防音位sつは、どれくらいの費用でできるものなのか、その相場を明らかにしておきたいと思います。

その前に一つ、私の経験をお話しておきます。私が以前に、あるピアニストの方から、新築住宅の一室を約10帖の防音室として、ピアノレッスンやご自分の練習に使用したいというご相談をいただいたことがあります。それで、ご予算はどれくらいでお考えですかとお尋ねしたところ、そのピアニストさんのおっしゃるには、以前に一度、ある工務店(防音専門会社ではない)で見積もりをしてもらったところ、約40万円だったので、それくらいで考えています、というお答えでした。

プロのピアニストが練習やレッスンをする10帖もある防音室が40万円!読者の皆さんはどう思われますか。安い?高い?まあそんなものだろう?

実は、これは、その工務店が音楽のための防音室について全く無知で無経験であることを示しているのです。ネットでちゃんとして防音専門会社が行う防音室づくりのページなどを見てみますと、だいたい15万円×面積(u)+50万円くらいが一般的なきんがくであることがわかります。

たとえば6帖(約10u)の広さの防音室なら、15×10+50=200万円ということになります。これは、天井の高さや窓やドアの数や大きさ、また設置する設備機器などによって上下しますが、、大体の目安としては適当な金額だと思います。

さて、あらためて読者の皆さんはどう思われましたか。「えー、そんなにかかるの」と思った方もあれば、「まあそんなものかな」、あるいは「意外と安いじゃん」と思った方もおられるかもしれません。

いろんな感想があると思いますが、前述のある工務店のように40万円では決してまともな防音室はできません。もしこんな見積もりを出す業者なら、敬遠すべきで、安いからと飛びついたりしては絶対にいけません。

さて、このようにちゃんとした防音室を作るためには、それ相応のコストがかかるものだということは、心に留めておいていただきたいのですが、もちろんそれを基準としつつも、できるだけコストを軽減できる方策は、十分に検討すべきですし、コストを低く抑える方法はあります。

 

建築・音響・デザインのコラボレーション

 

これまで良い防音室を作るための方法を、述べてきたわけですが、そのためには防音室の設計や施工に携わる者は、単に音響のことの知識だけでなく、音楽についての素養、楽器についての知識、デザインや環境についての知識、建築物本体についての知識、コスト管理についての能力といったものを持ち合わせている必要があります。

しかし実際は、なかなかそのような要素をバランスよく持ち合わせている業者は少ないのが現状です。設計事務所や工務店、ハウスメーカーのような建築業者は、音響のことに無知なことがたいへん多い(というかそれが普通)ですし、防音業者は音のことは詳しくても建築のことにはうとかったりすることがあります。またどちらも音楽や楽器のことについてはあまり理解能力がなく、クライアントである音楽家や音楽愛好家と意思疎通が不十分にしかできないということも往々にして見受けられることなのです。

ですので、防音室を設計し施工する者は、これらの要素を持ち合わせていることが大事であると考えています。とはいっても、なかなかこれらのことを一人の人間が習熟するのは容易なことではありません。ですので、それぞれの要素の専門家が、それぞれの知識や経験や能力を出し合って協力するということが、良い防音室をつくるための望ましい態勢であると私は考えています。そのようなコラボレーションによって防音室づくりを行っていくことが、クライアントに満足していただける良い防音室をつくるために、必要とされていることだと思います。

 

さて、ここまで、良い防音室づくりのためには、どのようなことが大切か、どのような要素があるのか。そしてどのような姿勢で行うべきかということについて、書いてきました。

いよいよ次章からは、それぞれの要素における基礎知識について、述べていきたいと思います。